教育・研修|東北公済病院(とうほくこうさいびょういん) 看護部

東北公済病院
東北公済病院
東北公済病院 看護部
お問い合わせ
東北公済病院
クリックでジャンプ 文字サイズ 文字のサイズを拡大にする 文字のサイズを標準の大きさにする 文字のサイズを縮小にする
HOME 看護部概要 教育・研修 活動紹介 採用情報 トピックス
東北公済病院
東北公済病院TOP看護部HOME > トピックス
トピックス
東北公済病院
三角 インターンシップ・就職説明会のご案内
三角 看護師会特別講演会
三角 ふれあい看護体験レポート
東北公済病院
東北公済病院トップページへ
東北公済病院
環境
看護師会 特別講演会
看護部長  熊谷 恒子

 

10月23日、看護師会初代会長で、元看護部長の斎田トキ子先生をお迎えして「私の歩んだ看護への道程」の講演会を開催しました。
戦争を知らない私共後輩にとりまして、看護師として戦地に赴き救護活動をすることは、想像を絶する驚愕の内容でした。また、先生の看護の道程からは、どの時代・役割においても真摯に仕事に取組み、時代の先を読み、改革と不屈の精神で乗り越え、邁進し続けられたお話しに大変感銘を受け、看護師として生きる姿勢を学ばせて頂きました。
卒寿を迎えられてもなお、お元気な齋田先生から、たくさんのパワーを頂きました。
先生の益々のご健勝とご活躍を祈念いたします。
看護部長  熊谷 恒子
看護への道程

久しぶりの先生のお元気なお姿を拝見いたしました。戦時中の先生の御苦労を考えると平和を願わずにはいられません

就職後、数カ月で戦地におもむき、自らの命も危険にさらされながらの体験をうかがい、看護師としてだけでなく、先生の‘人’としての優しさや強さに感銘いたしました

講演の最後の言葉が印象に残りました。

  • 看護は私の親友でした。人生に希望と喜び、そして厳しさを与えてくれました
  • 看護は私の人生の師でした

1963年から27年間 東北公済病院の看護部長をなさり人材育成による看護観の自主的確立のためにご尽力をいただきました。後輩である私たちは、患者さまのために、私たち自身のために、自分の目指す看護師像を抱き続けていこうと思います

感謝
ページのトップに戻る ページのトップに戻る
東北公済病院TOPHOME看護部について教育・研修活動紹介採用情報
東北公済病院
東北公済病院
東北公済病院
Copyright(c) 2002-2009 TOHOKU KOSAI HOSPITAL. All Rights Reserved.