健康診断 人間ドック・脳ドック(健康医学センター)|東北公済病院 宮城県仙台市の総合病院

東北公済病院
東北公済病院
国家公務員共済連合会 東北公済病院
クリックでジャンプ 文字サイズ 文字のサイズを拡大にする 文字のサイズを標準の大きさにする 文字のサイズを縮小にする
東北公済病院
お問い合わせ
トップページへ 病院のご案内 来院される皆さまへ 医療関係の皆さまへ 診療科・各部門 病院の取り組み 交通のご案内
東北公済病院
受け方・活かし方
東北公済病院
□現在地□ HOME来院される患者さまへ人間ドック・脳ドック > 受け方・活かし方(健康医学センター)

健康診断トップ
 
人間ドック
 
脳ドック
 
各種検査
 
受け方・活かし方
三角 事前の注意事項を守ること
三角 薬の服用について
三角 問診票をしっかり記入する
三角 二次検査の受診は必須
三角 納得がいくまで質問を
三角 健診後の生活について
三角 結果は保管しておく
三角 結果を家族に知らせておく
 
お申し込みはこちら
 
お問い合わせ
 
日ごろの健康状態を知りその後の健康管理に役立てるためにも、健診の内容や必要性をよく理解し、注意事項を守って受診しましょう。

事前の注意事項を守ること
受診前日は夜8時までに飲食を済ませ、当日は朝食をとらないなど、事前に指示された注意事項を必ず守ってください。
これを怠ると検査を受けられなかったり、検査結果に異常が出たり、病気の早期発見ができなくなる恐れがあります。

薬の服用について
薬を服用しているときは、主治医に検査の当日も服用していいか確認しておきます。
また、ビタミン剤等は服用しないようにしましょう。

問診票をしっかり記入する
過去の病歴や現在受診中の病気、最近の体調など問診票を正確に記入しないと、所見や判定に違いが出てきてしまいます。
また気になる点、相談したいことがあれば、問診の際に医師に尋ねましょう。

二次検査の受診は必須
二次検査の対象となるのは病気の疑いがある場合。これを受けないと、せっかく健診を受けた意味がなくなります。

納得がいくまで質問を
検査結果に関する疑問点や不安な点は、納得ができるまで担当医と話をすることが大切です。

健診後の生活を考え改めること
健診の目的は健康管理。異常の有無にかかわらず、経年で検査結果の数値を確認しておき、検査結果を今後の生活に活かすためにはどうしたらよいのかを十分考慮しましょう。

結果は保管しておく
検査結果は10〜14日ほどで通知書をお送りします。毎年必ず保管し、将来にわたる健康管理の目安にしましょう。

結果を家族に知らせておく
異常があってもなくても、検査の結果は家族に必ず知らせ、数値の推移などを理解してもらいましょう。
健康管理には、家族の協力は不可欠です。

(脳ドック・人間ドック)お申込み・お問い合わせは
東北公済病院健康医学センター (脳ドック、人間ドック)
〒980-0804 仙台市青葉区大町1丁目3−5
TEL 022-227-2244 FAX 022-222-2623

ページのトップに戻る ページのトップに戻る

人間ドックのご案内 脳ドックのご案内

個人情報保護方針 | リンク集 | 交通のご案内 | お問い合わせ | サイトマップ
東北公済病院
東北公済病院
東北公済病院
Copyright(c) 2002-2009 TOHOKU KOSAI HOSPITAL. All Rights Reserved.