国家公務員共済組合連合会 東北公済病院(とうほくこうさいびょういん) KKR 宮城県仙台市の総合病院

東北公済病院
東北公済病院
国家公務員共済連合会 東北公済病院 クリックでジャンプ サイトマップ クリックでジャンプ お問い合わせ クリックでジャンプ 文字サイズ 文字のサイズを拡大にする 文字のサイズを標準の大きさにする 文字のサイズを縮小にする
トップページへ 病院のご案内 来院される皆さまへ 医療関係の皆さまへ 診療科・各部門 病院の取り組み 交通のご案内
東北公済病院
□現在地□ HOME病院の取り組み > 緩和ケアへの取り組み
緩和ケアへの取り組み

■緩和ケアとは
当院には、がん患者さんとご家族をサポートする専門の看護師がいます。

私たちは、主治医・担当科看護師と共に、『がん治療』の過程で、患者さんお一人お一人が、ご自身の病気を理解し、治療選択ができるよう、また、患者さんとご家族が自分らしい生活を送れるようにサポートするためのスタッフです。

痛みなどのつらい身体の症状や、がんや再発への不安、治療の選択や治療により生じる副作用の対処方法など、がんの療養上の不安や悩み、困りごとなどに対して、相談ごとに対応します。

■緩和ケアチームについて

○自分の病気を知り、治療法の選択を助けるお手伝い
○つらい症状を取り除くケア(痛み、吐気、息苦しさ、だるさなどの軽減)
○不安、眠れない、気持ちの落ち込みなどを和らげるケア
○日常生活を取り戻すケア
○薬物療法に関する情報提供
                         など


ご希望に応じて、病気の診断や治療方針の説明時に専門の看護師が同席をいたします。
医師からの説明の情報の整理を行いながら、お一人お一人が方針を決定できるようお手伝いさせていただきます。
専門スタッフの同席をご希望される方は、各診療科スタッフまでお気軽にお声かけください。


■主なチームメンバーと活動について

 私たちは、『患者さんやご家族の望む療養生活が可能となるように支援する』ことを基本に活動しています。
 がんという病気になり、どうして自分がこんな目にあうのか、不快な症状のために、仕事ができなくなったり、気分が憂鬱になったり、という気持ちが起こることもあります。それは、自分だけに起こることではありません。このような症状に対しても、痛みと同様に患者さんと相談しながらケアを行います。
 人間は、体力や気力が減ると、考えることができなくなります。そんな時は、じっとして、エネルギーを蓄える時間が必要です。また、一人で抱え込まず、周囲の医療スタッフやご家族にご相談ください。
image

当院では厚生労働省の定める、がん患者指導管理料の要件を満たしております。
ご相談者の心身の状態や支援内容によって、がん患者指導管理料が加算されます。


ページのトップへ


クリック 緩和ケアの取り組み

クリック 医療安全への取り組み
sp
クリック 患者誤認防止
クリック お名まえをどうぞ

クリック 医療安全推進週間

クリック 生活習慣セミナー

クリック 糖尿病教室

クリック 敷地内全面禁煙のお知らせ

クリック 自己血輸血について

クリック 女性病棟のご案内

クリック MRI装置のご案内

東北公済病院
〒980-0803
仙台市青葉区国分町2-3-11
TEL 022-227-2211(代表)
FAX 022-263-8069
アクセスマップはこちら

個人情報保護方針 | リンク集 | 交通のご案内 | お問い合わせ | サイトマップ
東北公済病院
東北公済病院
東北公済病院
Copyright(c) 2002-2009 TOHOKU KOSAI HOSPITAL. All Rights Reserved.